HOME > 施工状況

赤塚工務店の「ほっとできる家づくり」

P1160941-1

~ 樋の改修 ~

樋の経路が集中して、玄関の方にきていたので、
雨量が多い場合でも、樋の役目が果たせるように樋の経路を玄関を避けて、分散させました。

これで雨が降っても安心です。
雨樋は案外、軽視されがちですが、大切なお家を守る重要な部分の一つです。

工事期間中に雨が降ったので、工期が長引いてしまいましたが、10日間の工事でした。

P1160819-1

~ 改修工事 谷板金 ~

雨が降ったので、工事が延期していました・・・

板金は全体に傷んでいたので、応急的にこの穴だけを塞いでも、また、別の所に穴があいてしまうので、
まわりの瓦を剥いで、板金一本を取り替え、また瓦を元に戻すという作業はじまりました。

板金の取替完了後の画像です。
屋根の補修が完了いたしました。


P1160889-13

面戸漆喰②

補修後の写真です。。。

隙間はすっかり塞がれました。

P1160886-1

~ 改修工事着工 面戸漆喰①~

屋根瓦の隙間を塞ぐ面戸漆喰の塗り替えをしました。
キレイに隙間を塞ぎました。

P1150375-1

~ 現場調査 屋根-2 ~

こちらの瓦と瓦の隙間を塞ぐ面戸漆喰も取れてしまっており、経年劣化していました。

P1150361-1

~ 現場調査 屋根 ~

瓦の面戸(物と物との隙間、または、その隙間を塞ぐ部材)漆喰が経年劣化の為取れていました。

P1150364

~ 現場調査 穴 ~

その部分をよく見てみると穴が空いていました。

P1150359

~ 現場調査 瓦 ~

屋根の上に上がり、調査してみると・・・

雨が降った時、瓦の一点に水が集中して谷板金に落ちるため同じ箇所に負担がかかり、劣化しているようでした。(茶色い部分)

P1150385

~現場調査~

O様より屋根の軒裏の谷の部分に雨漏りの形跡があるということで、屋根の修繕のご依頼を承りました。
築20年の住宅でしたが、軒裏の色が変わり、腐食しているように見えます。