HOME > 施工状況

赤塚工務店の「ほっとできる家づくり」

2013 049

~工事~   クロス・フローリング

いよいよ仕上げの工事にはいりました。
天井や壁には、お施主様に選んでいただいたクロスを貼り、床にはフローリング材を貼っていきます。 ↓  ↓
 
床材や壁紙の色や材質によってお部屋の印象は大きく変わります。
お施主様のイメージ通りになったかどうか、喜んでいただけますように・・・

LDKには、エコカラットを設置しました。
アクセントになり、おしゃれに仕上がりました ↑  ↑

2013 040

~工事~  扉の改修

天井や壁ができると次は扉の取り付けです。
扉には開き戸や、引き戸・折戸などがありますが、

・どの位置に設置するのか。
・どの方向に設置するのか。
・どの扉を設置するのか。

などは、生活していく上でとても重要なことなので、慎重に・・・
また、扉によって部屋のイメージも変わるので、デザイン・色なども重要です。
お施主様のご要望をいかしイメージ広げるため、打ち合わせを密に行うことが大切です。

2013 044

~工事~  浴室改修

ある程度、間仕切り壁が出来てきました。
現状は、お風呂がない状態でした。
ユニットバスをご希望されていましたので、
いよいよ『TOTOサザナ』を取り付けます。
サイズは1616、浴槽は人造大理石浴槽を入れます。

ユニットバスの浴槽・床・壁・天井・鏡やシャワーなどを順番に組み立てていき、
施工は一日で完了しました。

2013 035

~工事~  石こうボード

断熱材を設置し、配線や配管の完了した天井や壁には石こうボードを貼っていきます。

洗面台や棚をつける予定の壁にはベニヤを貼ります。

天井や間仕切壁が出来てくると、少しずつ部屋らしくなってきます。

2013 015

~工事~   断熱材設置

下地が出来たら、断熱材を設置します。
今回LDKの天井裏の断熱材は、羊毛(ウール)の厚さ10cmの断熱材を使用します。
価格は高くなりますが、その分断熱効果も高くなります。

↑ 厚さ10cmのウールの断熱材設置後の画像 ↑

2013 038

~工事~   天井下地

↑ 天井の下地・間仕切壁の下地が出来ました ↑

次に床の下地の工事を進めていきます。

2013 002

~工事開始~

4日間の解体工事が終わりました。
これからは、木工事(木工工事)メインで工事を進めていきます。

また、ガス工事・電気工事・j給排水工事などの設備工事も同時に並行して進めていきます。

電気・ガスなどの設備工事は、設置予定の位置に、ガス管・電気配線・水道配管・給湯配管・排水配管などを配管・配線していきます。
その為、事前にお施主様とのコンセントやスイッチの位置の打ち合わせをしておきます。

2013 008

解体中です・・・

和室など床・壁・天井すべて解体されました。

2013 011

~ 解体工事 ~

解体工事が始まりました。
和室1室と玄関以外は、ほとんど解体します。

キッチン・お風呂があった場所の解体された写真です。

2013 001

~工事着工~

本日から、京都市にお住まいのK様の現場レポートをお届けします。
右京区で賃貸マンションにお住まいのK様が、下京区のご実家の離れを改装してお引越しをご計画されていました。
現在の間取りは、DK、応接室+和室3室にトイレ・洗面室でしたが、改修後はお風呂を新たに設置して、LDK+洋室2室+和室1室+浴室、トイレ、洗面室となる予定です。
工事期間は約40日の予定です。